HMBサプリは筋トレサプリなんていう呼び方もしますが、筋トレの効率をアップさせるのに効果的な成分が多く配合されていて、筋トレ効率をアップできるから近年ではスポート選手や芸能人の間でも注目されています。

そんなHMBサプリですが、実際にどのような効果があるのかを理解していない人は意外と多いのではないでしょうか?

早速、筋トレ博士がHMBサプリの主成分になるHMBを徹底解説していきたいと思います。

まず、誤解しないで欲しいのが、筋トレで筋肉に負荷をかけて、はじめて筋肉が発達するのでHMBサプリをただ飲むだけで筋肉がつくというのは、ありえないということです。

じゃあ、HMBは何のために摂取するのでしょうか?
ポイントは3つの効果ですが、それぞれを詳しく解説しますね。

筋肥大効果・・・HMBにはタンパク質の同化促進効果があり、筋肥大などの筋肉量増加効果が期待できますが、HMBを飲むだけで筋肉ムキムキになれるという訳ではありません。
ウエイトトレーニングと栄養・休息にHMBを摂取することで、通常よりも筋肉増加が促進されます。

筋肉減少抑制効果・・・HMBにはタンパク質分解抑制効果があり、筋肉量減少抑制効果が期待できますが、減量期においては大事な役割を果たします。
ボディビルダーは筋肉を付ける増量期と、脂肪を落とす減量期を明確に分けている方がほとんどで、筋肉を増やすにはオーバーカロリー(消費カロリーより摂取カロリーが多い)が必須であり、脂肪を落とすにはアンダーカロリー(摂取カロリーより消費カロリーが多い)が必須なのが理由です。
でも、アンダーカロリー下では脂肪だけではなく、筋肉も分解されてしまうため、分解される筋肉量を如何に少なくするかが重要となるわけです。
そこで、筋肉減少抑制効果が期待できるHMBが有効だということですね。

回復促進効果・・・HMBには傷ついた細胞の修復を促す効果があり、回復促進効果が期待できます。
分かりやすく言うと、トレーニングは筋肉を傷つける為に行うわけですが、傷ついた筋肉を修復する際に、同じ負荷に耐え得るように以前よりも少しだけ頑丈に修復が行われます。
これを超回復と言いますが、その繰り返しが筋肥大や筋力アップとなるわけですね。
回復を促進させるということは、トレーニング終了から回復までのサイクルを、より効率的に行えるということになり、筋肉の成長や肉体改造の成果を早めることに繋がります。

3つのポイント全てに共通して言えることは、HMBには筋トレ効果をサポートしてくれる効果があるということです。

つまり、裏を返せばHMBを摂取するだけで筋肉がつくというのはありえないということになりますよね。
あくまでも、筋トレをしてHMBを摂取をすることで筋力アップが期待できるということです。

筋トレ博士的には、筋トレ効率をアップすることができるHMBサプリは、細マッチョを目指すのには画期的なサプリメントだと考えます。