プロテインって名前は知っているけど、何なの?
みたいな考えの人って多いと思うんですよね。

そこで筋肉博士が詳しく、そして分かりやすく説明したいと思います(笑)

いきなり答えを言いますが、プロテインとはタンパク質のことです。

では、タンパク質とは何かというと、筋肉や骨、皮膚・血管など体を作る材料のことで、人が生きていくためには欠かせない大切な栄養素のひとつになります。

つまり、プロテインとは筋力アップするための、タンパク質が豊富に含まれた飲料のことです。
筋トレ後に飲むと、より効率良く筋力アップすることができますよ。

なぜ、筋トレ後にプロテインを飲むと効率良く筋力アップができるかと言うと、筋肉が持つメカニズムが関係しているんですよね。

運動やトレーニングを繰り返すと筋力がついていきますが、慣れない運動や筋トレをすると筋線維には細かいキズが発生して、筋疲労を起こします。

すると、筋線維の修復と筋疲労の回復のためにタンパク質の再合成がはじまります。

そして、以前よりも太く丈夫な筋線維を作る「超回復」が起こるんですが、この一連のメカニズムにおいて、タンパク質は欠かすことのできない存在と言えます。

これが、トレーニング後(新しい筋肉が作られるタイミング)にプロテイン(タンパク質)を飲むと筋力アップの効率がよくなる理由です。

タンパク質がベストタイミングで筋肉の材料となるわけですね。

筋肉博士的に、プロテインは筋トレ効率をアップさせるためには必要ではあります。

しかし、筋トレ初心者向けではないというのが私の考え方で、ある程度筋肉がついてきた方におすすめします。
その理由は、筋肉の材料であるタンパク質を効率よく摂取できる点では問題ありませんが、筋トレに必要なタンパク質を補給し、筋トレのパフォーマンスを維持することに効果を発揮するからになります。

筋トレ中級者以上で筋肉量がそれなりにあれば、それだけでトレーニングの負荷を高めることができますし、プロテインの摂取だけでも効率的サイクルを作ることができますからね。